年の瀬にBlogをHexoに変えた。 - Part 1

Hexoこれです。
結構、綺麗なthemeがあるのと、NodeJS製だからです。

また、メインコンテンツは2017の開発環境の振り返りです。続きをどうぞ〜。

Text Editor

Xcode, VSC, and Sublime Text

今年の初めころは悶々としていたと思う。とりあえず、XcodeでひたすらSwiftを書いていた。
合わせて、Objective-Cのコードをちょくちょく触ってメンテしていた気がする。

その後、機会があって、VueJSを初めて書いた時に、Visual Studio Codeの強力さに非常に感動してずっと使い続けていた。Xcode以外に、ほとんどのテキストはVSCで書いたと思う。

VSCの良さは、良質なプラグインがたくさんあることである。
ポピュラーな言語のプラグインはほとんどハズレがないと思う。

自分は大体、pluginを入れたら即反映されてほしく、ロードもできるだけ早くやってほしい。というのはVSCに常駐することはほとんどなく、Xcodeがメインなので、いちいちエディタの設定に時間を取られるのは避けたい。その点、VSCの拡張機能の管理は素晴らしく即座に反映するので、待つ必要があまりない。そこも良いポイントである。

初心者の人で、まず何のエディターを使えば良いか迷っていれば、まずVSCを試して見てほしい。

若干、不満があるとすれば、パフォーマンスである。起動があまり早くない。あと開発元の影響力が無視できず、自分がそのステークホルダーでもないので、あまり左右されたくないという点がある。

とまぁそこで、代替も探しており、候補としては、C系で書かれているTextMateとか、Sublime Textになるわけだが、TextMateのプラグインがあまりメンテされておらず、Sublime Textのほぼ一択になってしまう。

BBEdit、Chocolatなども検討したが、前者は費用面、後者はメンテが続くか不安ということで却下となった。Vimはあまり見ていない。

一瞬、Emacsに戻ろうかと考えて、Spacemacs, Preludeなどを試したがしっくりこず。

ということで、来年、テキストエディタはSublime Textを使っていこうと思っている。
ただSublime TextはあんまりUIが綺麗じゃないのでそこが気に入らないところだけど、他のElectron系のアプリに比べたらパフォーマンスがマシだ。起動が早い。

せっかちな人間には、起動の速さは大事だ。
プラグインももちろん、豊富に揃っていてほとんど困ることはない。

ちなみに、これはDestruction Freeモードで書いている。

Terminal

iTerm

iTermを使い続けている。Hyper.jsはまだ人類には早いと思う。
iTermはObjective-Cで書かれているので、よく知っているので信頼が置ける。

また、tmuxをタブの代わりに使っている。画面分割もできて便利だ。

Programming Language

Swift, Ruby

今年は、SwiftとRubyをよく書いた。Rubyはほとんど小規模のsinatraやautomation用のスクリプトであったが、一部Railsで本格的に開発したところもあった。

Objective-Cはほとんど書いていない。時代だな。
Swiftに関しては、もっとdocumentを読んでinspireされたいと思います。多分まだ知らないところがある気がしている。

これから、もしかすると、Pythonや、C++を使う機会が増えるかもしれない。
Rubyは自分のメイン言語の一つだから便利ツールとして、これからも活用していくと思います。

Conference

Try Swift Tokyo, WWDC 2017

Try Swift TokyoとWWDC2017に参加することができた。
特に、WWDCの参加は今年が初めてだったので、とてもドキドキした。そして楽しめることができた。

ビアバッシュだけでなく、San Joseで開かれていたローカルのイベントにも参加した。元アップルの社員や、カンファレンスの登壇でしか知らなかった人にとりあえず、挨拶だけでもすることができた。

ただ、あまり勉強会的なものに、興味がなくなってきているので、ちょっとまずいかもしれない。